蛍光灯がつかなくなった時に疑うべき4つのこと(読破30秒)

ふたり、雑学にうなる

 

イーツ
イーツ

蛍光灯がつかない!
という時は、以下のことを疑ってみましょう!

 

「蛍光灯の小さい方の輪っかがつきません!」

「ああ、新しいのに変えないとだな」
>可能性①蛍光灯の寿命(20000時間~24000時間)

「さっき大きい方も小さい方も取り替えたばかりなんです!」

「……壊れたかな?」
>可能性②照明器具の故障

「でも大きい方の輪っかはついていますよ?」

「じゃあ照明器具自体の寿命かも……」
>可能性③蛍光灯照明器具の故障、寿命(8~10年)

「隣の部屋の電気はちゃんとついてます。この部屋だけ寿命ということはないのでは」

「じゃあグロー管の寿命かもな」
>可能性④グロー管の寿命

「グロー管?」

「点灯管。放電をサポートして蛍光灯を光らせるやつ。こういうのな」
(30WはFG1P、32WはFG5P)

 

「ああ、蛍光灯だけじゃなくそれも取り替えないといけないんですね!」

「そう。100均に売ってるから買ってこよう」

 ついた!

タイトルとURLをコピーしました