【転職サイト+転職エージェント】情報収集を疎かにする冒険者はいない

知識!

 

ごきげんよう、小松ハジです。

このページに来たあなたを「あーあ、どっかにいい職場ねえかなァ!」と悩む求道者と見なし、サクサク話を進めます。

焦ると視野が狭くなるので、

①自分が「別に働く必要はないけど、世間を知るために一度就職ってやつをしてみたい王侯貴族」になったつもりで

②冒険者ギルドに入り浸って「こんなショボイ仕事しかねえのかよ!」とくだを巻くファンタジー世界の冒険者たちに思いを馳せて

ちょうどその中間くらいの気持ちで頑張りましょう。

 

大前提!「転職サイト」と「転職エージェント」は違う

 

さて、昔は「地域の職安に行って企業に直接体当たりでGO!」くらいだった就職活動も、今は転職サイトに加えて「転職エージェント」なるものが登場し、文字通り「プロに転職のお手伝いをしてもらえる」ようになりました。

 

転職サイト
・デジタル版の職安
・求人探し、応募、面接、すべてを自分で進めていくプラットフォーム
・企業側が応募者の学歴、会社名、転職回数を見て上から目線で判断してくることがある
転職エージェント
・キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるプラットフォーム
・自分のキャリアをデータ提出することによって、おすすめの求人や応募書類の準備、面接対策、入社までフォローしてくれる
・転職エージェントに推薦文をつけてもらうと、高レベルの企業や高年収の仕事に受かる可能性が高まる

 

つまり、

 

気になる求人を転職サイトで見つける

それを転職エージェントに伝えて推薦状付きで応募する

 

という流れが最強というわけです。

 

転職サイトが上から目線で判断してくることがあると書きましたが、安心してほしいことに、転職エージェントも上から目線で判断してくることがあります。

しかし仕事として依頼されたら我らを就職させるのが彼らの本分ですので、そこは彼らの手腕を冷静に見守らせていただきましょう。

 

なかには、俺は働いてるけど利用していいのかな、と思う人もいるかもしれませんが、転職サイトや転職エージェントを利用するのは無職の人に限りません。

むしろ、会社勤めの人が漠然と「この会社ヤベェな」と思った時に登録し、人知れず情報収集をする、という使い方をすることが多いのです。

働きつつ、全国の企業や求人を鬼チェックしながら、退職と転職の準備を水面下で着々と進めていく…。

情報強者は無駄がないですね。

 

!注意!

・現役会社員の人は、自分が勤めている会社の採用担当者に見つけられないよう、自分のプロフィールを非公開にしましょう

・うっかり在籍企業のメールアドレスや電話番号で登録しないようにしましょう

・取引先名や参加プロジェクト名など、自分が特定されるような情報の記載はやめましょう

・転職エージェントは転職者の就職が決まると報酬をもらえる「成果報酬型」のビジネスなので、時々強引に特定の企業や求人を推してくることがあります。ある程度は転職エージェントに任せた上で、こちらの志望とは違う求人を薦められたら、やんわりかつ毅然と断りましょう

 

【第四次産業革命】オタクの職業選択!GAFAに倣って1つの道を極めればよい
ごきげんよう、小松ハジです。 このページに来たあなたを「とにかくお金を確保したい若き(あるいはナイスミドル)求道者」と見なし、サクサク話を進めます。 アレになりなさいコレになりなさいという職業の話はしていませんが、要は「...

 

登録方法

 

完全無料です。

サイトによって違いますが、だいたいは

 

メールアドレス、名前、生年月日を入れる

 

…以上!!!

となります。

 

中には性別や電話番号や住んでいる都道府県や最終学歴や求職状況や転職回数や年収なんかを聞いてきたりして、おいおい俺にはプライバシーはねえのかよって感じなところもありますが、いずれも考えるまでもない基本情報&向こうが参考にするための基礎情報なので、登録するだけならべらぼうに簡単です。

別に登録しなくても求人を見ることはできるのですが、登録すると通りすがりの一見さんには見ることができない非公開求人を閲覧できるようになるのです。

転職のノウハウやコラム、セミナーなどもあるので、現在の全体の求人状況や他の求職者の実話暴露などを参考に、幅広く情報を収集しましょう。

 

転職は情報が全て!

「無料」「登録三分」「合わなければ退会すればいいだけ」なので、気楽に登録していきましょう!

 

転職サイトの利用がひとつだけだと、情報量が乏しかったり視界が偏ってしまったりするよ。
優良企業の求人を見逃さないためにも、できるだけ複数の転職サイトに登録しよう!

 

おすすめ転職サイト

 

リクナビNEXT オススメ!
・公開求人数5万件以上(20~50代)
・未経験歓迎の求人多数
・お役立ちコラムが参考になる
・転職エージェントは「リクルートエージェント」が提供している

 

doda オススメ!
・求人数最多(20~50代)
・エージェントサービス、スカウトサービスがついている
・転職ガイドあり

 

マイナビ転職 オススメ!
・未経験、第二新卒向けの求人多数(20代・30代)
・履歴書添削、面接対応などのサポート機能が充実
・転職エージェントは「マイナビエージェント」が提供している

 

ビズリーチ(30~50代)
・年収アップを目指す人におすすめの転職サイト
・経歴、スキルに自信のある、ハイクラスの即戦力を求めている

 

キャリトレ(20代)
・ビズリーチが運営する、キャリアアップを目指す若手層向け転職サイト
・自分の市場価値を確かめたい、挑戦したい20代向け

 

おすすめ転職エージェント

 

リクルートエージェント
・リクナビNEXT御用達転職エージェント
・希望に合わない求人を勧めたり強引に転職を促すことはしない主義を貫いている
・信頼、信用のサポートサービスで退職率も低い

 

マイナビエージェント
・首都圏の20代、30代におすすめ
・IT、金融、医師、看護師、薬剤師など、各方面に特化している。下記<特化型>参照

 

パソナキャリア
・転職エージェントだが、転職サイトより便利と評判
・数多く、幅広く求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人、様々な求人を見た上で判断したい人におすすめ

 

JACリクルートメント
・キャリアアップや年収アップ、ハイクラス求人を求める人に向いている転職エージェント
・通過率が高く、年収交渉に強い

 

type転職エージェント
・大手企業とのパイプが強い(地方の求人には弱い)

 

ハタラクティブ
・20代のフリーター・既卒・第二新卒向けの転職支援に特化した転職エージェント
・求人の80%以上が「完全に未経験でも正社員として就職できる求人」であり、学歴・経歴に関係なく、誰でも気軽に転職支援を受けることができる

 

就職shop
・リクルートが運営する第二新卒・既卒・フリーター向けの転職エージェント
・求人数が多く、8000件以上の未経験者向け案件を紹介してもらえる

 

マイナビジョブ20’s
・初めての転職や第二新卒におすすめ

 

 

 

何度も言いますが、転職は情報が全て!

思った程でなければ退会すればいいだけなので、気になるところがあったら1日1チャレンジの精神で登録していきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました