【コインチェックの取引所取引】販売所? いや取引所 安いから(五七五)

投資!

 

ごきげんよう、小松ハジです。

このページに来たあなたを「いや、待っ、コインチェックの取引所ってどこにあるの?」の求道者と見なし、コインチェックの取引所の場所、板の見方、買い方、売り方をサクサク説明していきます。

 

「販売所」と「取引所」の違い

 

まーザッと言うとこうです。

 

販売所形式
・運営会社(コインチェックやビットフライヤー)を相手に暗号資産の売買をする
・仕入れ費や管理費などの中間コストがかかるためスプレッドが広い
・そのかわり売買が簡単
取引所形式
・ユーザー同士で暗号資産の売買をする
・間にいるのは仲介業者だけなのでスプレッドが狭い
・そのかわり売買が複雑

 

スプレッドが広い、狭いの「スプレッド」とは、暗号資産を販売する販売所が徴収する手数料のこと。

実際に売り買いした人はわかると思いますが、「販売所」で取引をすると、

 

・1BTCが100万円の時に1BTCを買おうとしたら、購入時に101万円を提示される

・1BTCが100万円の時に1BTCを売ろうとしたら、売却時に99万円を提示される

 

など、実はシレッと結構な額を取られます。

「販売所」に比べると「取引所」の売買は複雑だと言われますが、数回やりゃ普通に慣れるので、すこしでも手数料を安くしたい人は「取引所」で売買した方がお得ですよ。

 

「取引所」は条件が合う売買相手と取引をする

 

取引所の個人間取引は、それこそ株の売買みたいな感じです。

売り板買い板指値で注文を出して、売れるまで、買われるまで待つアレですね。

 

指値(さしね)とは「自分で価格を提示すること」

「私はこの値段でこれだけの暗号資産が欲しいの!」と提示して、「売ってやるよ!」と言われたら、取引成立。

「俺はこの値段でこれだけの暗号資産を売りたい!」と提示して、「買ってやるわ!」と買われたら、取引成立です。

 

コインチェックの取引所はどこにあるのか

 

初見の人は「購入ボタンを押したら販売所直通だし、取引所はどこにあるんだ?」と思うでしょうが、実はちゃんとあります。

場所は

 

アプリ起動
→アカウント
→下の方の「FAQ/問い合わせ」
→ずーっと下の方の「ビットコイン取引所」

 

 

こんなにも深い階層にあるのは、コインチェックのアプリは「わかりやすさ」を売りにしているからです。

 

「販売所or取引所」という選択肢を与えず、買いたい時はここから!と販売所に直行させることが、初心者を慌てさせないコツというわけ!

 

 

板の見方と、買い方・売り方

 

実際に取引所に行くと、値段(希望売買価格)と数(注文数量)が、「板」(プライスボード)に表示されていると思います。

「1BTC=500万円」の場合を例にして簡単に説明しますね。

 

売/買 レート 注文量
5,000,002 0.01
5,000,001 0.02
5,000,000 0.03
4,999,999 0.04
4,999,998 0.03
4,999,997 0.01

 

↑は板をめっちゃわかりやすく書いた図です。実際はこんなんじゃないんで、おいおい慣れていってくださいね。

さて、のいちばん下にある「レート・5,000,000」「注文量・0.03」

これは

「1BTC=500万円の価値で」「0.03BTC分売るよ」

という人がいることを示しています。

この「0.03」という数字は全ての人の注文の合計なので、仮にあなたが「俺も0.01分売りたい」と注文を出した場合、「0.03」は「0.04」になります。

で、のいちばん上にある「レート・4,999,999」「注文量・0.04」

「1BTC=499万9999円なら」「0.04BTC分買いたいな」

という人がいることを示しています。

要は、売り買いで、1円刻みで注文を出し合っているんですね。

現代人は暇ではないし、あまり意地悪する人もいないので、だいたいはすぐに「買うよ!」「売るよ!」と取引が成立します。

 

つまり、「一番低い希望売値価格」(この場合は5,000,000)と「一番高い希望買値価格」(4,999,999)が、その時点でのビットコインの「相場」(その時の値段)だということです。

なので、BTCを売りたい時、買いたい時は、売りと買いの境界線を見て指値注文を出しましょう。

500万円付近でドンパチやってる時に「450万円で買いたい」という指値を出しても、見向きもされませんよ!

 

上は図なので止まっていますが、実際はこのやりとり(取引)と板の数値が、まあ高速で動きます。目にも止まらぬ早業です。

はじめのうちは「ちょ、待っ、止まれ、おい動くな!」とビビるかと思いますが、おいおい慣れていくでしょう。

 

買い方

 

①レート(BTC/JPY)に希望価格を入力し、注文量(BTC)に希望数量を入力
②日本円概算(JPY)が出るので確認
③「買い」を選び、「注文する」をクリックする

 

 

売り方

 

①レート(BTC/JPY)に希望価格を入力し、注文量(BTC)に希望数量を入力
②日本円概算(JPY)が出るので確認
③「売り」を選び、「注文する」をクリックする

 

これであなたが出した注文が板に並びます。

値段が相場に近ければすぐに約定(やくじょう・取引が成立すること)されますし、遠ければ少々待つことになるでしょう。

 

コインチェックの取引所で取引ができる暗号資産は5種のみです(2022年2月時点)。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ファクトム(FCT)
・モナコイン(MONA)
・パレットトークン(PLT)

残念ながら、見ての通りイーサリアムはありません
イーサリアムを取引所で買いたい人は、ビットフライヤーで口座を開設しましょう。

 

注意!

 

発注ミスに注意しましょう。取引が成立する前なら取り消すことは可能ですが、取引成立後の取り消しは不可です!

・BTCの希望価格を入力したら、「日本円概算(JPY)」を見て、間違いがないことを確認してから注文を実行しましょう!

・取引が成立したら取引内容を確認しましょう。投資における金銭のやりとりは戦争であり自己責任です。慣れないうちも慣れてからも、緊張感を持って遂行しましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました