【ファイアーエムブレム】シリーズどれからやればいいの問題→君はどのハードを持っているのかね

オタク!

 

ごきげんよう、小松ハジです。

このページに来たあなたを「ファイアーエムブレムって思ってたよりシリーズあんな! どれからやればいいんだ?」と困惑する求道者と見なし、適切な助言を授けます。

 

とりあえず、何はなくとも、ファイアーエムブレムは『ファイーエブレム』であって、『ファイーエムブレム』でも『ファイアーエブレム』でも、ましてや『ファイーエブレム』でもないことを覚えていってください。

エムブレマーを前にそんなこと言ったら、にっこり笑うかキレられるかの末に、下手をすれば〇されてしまうでしょう。

 

ファイアーエムブレムの系譜

 

ファイアーエムブレムシリーズはシミュレーションゲームRPGゲームを合体させた作品で、「シミュレーションRPG」というジャンルを確立させた草分け的なゲームです。

「シミュレーションパート→RPGパート→シミュレーションパート」と交互に進むアレ。FFタクティクスが近い感じですね。

主人公は勇者の血統である王侯貴族であることが多く、貴族(国や公国)同士が戦う→必然的に平民も巻き込まれる、ということで、だいたいは国や大陸を股にかけた大戦争に発展します。

まあどの作品もラストは大団円なので安心してください。

1990年から動き出したファイアーエムブレムシリーズの全貌は以下のようになっています。

 

1990 暗黒竜と光の剣 FC アカネイア大陸
1992 外伝 FC バレンシア大陸
1994 紋章の謎 SFC アカネイア大陸
1996 聖戦の系譜 SFC ユグドラシル大陸
1999 トラキア776 DLSFC ユグドラシル大陸
2002 封印の剣 GBA エルブ大陸
2003 烈火の剣 GBA エルブ大陸
2004 聖魔の光石 GBA マギ・ヴァル大陸
2005 蒼炎の軌跡 GC テリウス大陸
2007 暁の女神 Wii テリウス大陸
2008 新・暗黒竜と光の剣 3DS アカネイア大陸
2010 新・紋章の謎 3DS アカネイア大陸
2012 覚醒 3DS イーリス/ヴァルム大陸
2015 if 3DS
2017 Echoes 3DS バレンシア大陸
2019 風花雪月 Switch フォドラ
2001 ティアリングサーガ PS
2005 ベルウィックサーガ PS2

 

発売年の横にある数字は人気TOP5だよ!

 

 

どれからやればいいか

 

ハードに関して言えば、多分今の人がわかるのってギリギリ3DSくらいからなんじゃないでしょうか。

FCとかSFCとかDLSFCとかGBAとかGCとかWiiとか言われてもわっかんないよね。そもそもなんて読むの? みたいな。

 

●FC(ファミリーコンピュータ)
●SFC(スーパーファミリーコンピュータ)
●DLSFC(ダウンロードスーパーファ略)
●GBA(ゲームボーイアドバンス)
●GC(ゲームキューブ)
●Wii(ウィー)
と読むよ。知らない人は知らなくてもしゃーないしゃーない

 

 

なので、タイトルにも書きましたが、「どれからやればいいの?」という問いには「君はどのハードを持っているのかね?」という返答がカキンと打って返されます。

単純に、3DSしか持っていない人は「新暗黒竜&新紋章」「覚醒」「if」「Echoes」、

Switchしか持っていない人は「風花雪月」しかプレイできないわけです。

 

FC、SFC、GBAの互換機ソフトは店でもフリマでも売ってるし、そのゲームソフトがちゃんと動くなら遊べます。

GBAはDSやDSLiteでも起動するし、Wii Uバーチャルコンソールもあるので、知識と情報があればできないことはありません。

興味がわいたら調べてみてくださいね!

 

どうしてもやりたい! でも買えない! という人は、解説付きのプレイ動画を参照しましょう。

 

まず戦争が起こる→数年~十数年経って終結することが多い

 

で、各シリーズはどんな話なの? というと、こちら。

 

暗黒竜と光の剣 ①元祖作品
外伝 ①の数年後、かつご近所の大陸での物語
紋章の謎 ①のリメイク(第一部)と続編(第二部)
聖戦の系譜  ②親世代編→子世代編で大団円
トラキア776  ②の外伝。子世代編のスピンオフ
封印の剣 ③子世代編(帰結編)
烈火の剣 ③の親世代編(発端編)
聖魔の光石  他の作品との繋がりなし
蒼炎の軌跡 ④主人公の「アイク」が世界的に有名
暁の女神 ④の続編(3年後。アイクはゴリラに変貌)
新・暗黒竜と光の剣  ①のリメイクのリメイク(第一部)
新・紋章の謎  ①のリメイクのリメイク(第二部)
覚醒  ①の2000年後のアカネイア/バレンシア大陸の話
if 「白夜王国」+「暗夜王国」+‪α‬
Echoes 「外伝」のリメイク作品
風花雪月 士官学校編→5年後→戦争編

 

表を見てもらえばわかるように、ファイアーエムブレムシリーズはひとつの作品だけでは問題(戦争)が解決しないこともあり、しても普通に3年とか5年とか十数年がかり、果てはソフト二本がかりだったりします。リアルっすよね。

なもんで、「数年経って成長する」とか「親世代から子世代へバトンタッチ」とかがザラで、必然、「立派に育って…!」「大きくなって…!」「頑張ったのね…!」「〇〇の子供!? ぜってー強ぇわ!」「勇敢に散っていった親に変わって、俺がお前を育てるからな…!」等々、感情が大爆発するわけです。

まあ時間の経過がいい面だけを表すとは限らず、たとえば風花雪月なんかには「オイィィィイイイイイ!!!(驚)(嘆)(怒)(悲)」と叫ばされるのですが(ネタバレ厳禁厳禁)。

戦争は非情であるということを覚えておきましょう。

 

 

なぜ全然繋がっていないのにシリーズ扱いなのか

 

「ファイアーエムブレムシリーズ」の「ファイアーエムブレム」は、そのまま「炎の紋章」を意味します。

ファイアーエムブレムシリーズは、作品のどこかに必ず「炎の紋章」を出すことで、「これはファイアーエムブレムシリーズだよ!」と言い張っているわけです(重要なファクターであることもあれば、主人公に直接関係ないアイテムであることもある)。

もちろんそれ以外にも音楽やらゲームシステムなんかを見れば「これはシリーズだわ」ということは一目瞭然なのですが、物語の途中で「炎の紋章」が出てきてはじめて「ファイアーエムブレム…!!!」と実感することも多く、一個人の意見ながら、「貴族が戦争やってりゃファイアーエムブレムだな」くらいの認識で一向に構わないと思います。

 

実物出てくるまでマジで忘れるんよ

 

 

 

他にもファイアーエムブレムシリーズには

 

①人間の姿になれる竜族がいる

②主人公は青髪(緑の場合もある)

③魔道士は砂漠での移動に優れている(初代の名残)

④武器の三すくみ

⑤トライアングルアタック

 

などの共通点(お約束)があちこちに散らばっています。

格式美のようなもので、慣れるとニコッとなりますよ。

 

ティアリングサーガとベルウィックサーガ

 

これは私の趣味で追加するんですけど、システム的、血統的にほぼほぼファイアーエムブレムシリーズと言っていいこの2作品。

色々あって色々ありましたが(濁す)、ファイアーエムブレムシリーズが好きな人は充分楽しめると思います(しかしPSとPS2にPS3やPS4やPS5との互換性はない…)。

特にティアリングサーガは「聖戦の系譜」に並ぶ良作にして傑作! 血縁関係があまりに複雑で、家系図書いて理解したとたん「!!!!!」となったところなど、まさに聖戦の系譜の系譜を感じます。

ベルウィックサーガの方は難易度が尋常じゃなく高く、やるとなると注意が必要です。ファイアーエムブレムシリーズいち難しいと言われる「トラキア776」を軽く超えている。

こちらについては「頭がおかしいのか?」というくらい攻略が上手い動画があるので、やるよりそっちを見る方が無難だよ、と申し上げておきましょう。

 

結局どれが面白いの?

 

好き嫌いは個人の感性の領域ですが、一般的な人気順を挙げると、

 

①聖戦の系譜(SFC)

②風花雪月(Switch)

③烈火の剣(GBA)

④覚醒(3DS)

⑤蒼炎の軌跡(GC)

(※ねとらぼ調査隊さん調べ)

 

となります。どうだよ、このひとつとして同じハードがない厄介さ。

まあ①は「聖戦の系譜 バーチャルコンソール」でググれば、②はSwitchとソフトを入手すれば、さほど苦労なくプレイできると思います。③と④も①と同じ感じ。ただし⑤、てめーはダメだ。

 

今エムブレマーが望んでいるのは、バーチャルコンソールではなく「聖戦の系譜」のリメイクだと思います(Switchだと嬉しい)。

来たら飛び上がって喜ぶ自信しかないです!

 

 

というわけで、「ファイアーエムブレムシリーズどれからやればいいの問題」は無責任ながら「自由!!!」ということになります。

とっかかりが欲しい人はプレイ動画を参照し、導入部分で「これ面白そう!」と思ったソフトをゲットしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました